ベストセラーを読んでみた。(ラジオ番組)

お知らせ
これまで番組ウェブサイトに掲載してきた過去放送のアーカイブ音源は、著作物を紹介するという番組の性質を考慮して終了いたしました。
引き続き、radiko及びradikoエリアフリーでの聴取は可能ですのでそちらでお楽しみください。
  • 月曜日
  • 水曜日
  • 金曜日
  • 土曜日
  • 日曜日
徳永有美

パーソナリティ:徳永有美 (とくながゆみ)

1975年生まれ、石川県金沢市出身。テレビ朝日アナウンサー時代は、報道・情報系からバラエティまで幅広いジャンルの番組で活躍。2005年、結婚を機に退社。二児の母。

#171

赤い口紅があればいい:いつでもいちばん美人に見えるテクニック/野宮真貴

2018.7.2~7.8 放送

第171回のベストセラーを読んでみた。
今回のベストセラーは野宮真貴さんの
『赤い口紅があればいい:いつでもいちばん美人に見えるテクニック』

オープニングトークは「夏休み」の話に。例年に比べて、夫婦揃って今年は夏休み取らなくていいかな?というテンションだという徳永さん。
年齢や環境が変わり、仕事をしていくなかで時間の流れも変わってきたといいます。

そんな徳永さんが今回のベストセラーを読んだ感想は…
『美人ってそもそもなんぞや?どんな心構えをしていると素敵な生き方ができるのか?戦ってきた女性の言葉が綴られている。かなり現実的、リアルなアドバイスが書いてあります。女性は、ぜひ手にとっていただければと思います』

大学の寮にはテレビがなかったのでラジオをよく聴いていた。その時に知ったのがピチカート・ファイヴ。当時は、サッポロ一番みそラーメンと納豆ばかりを食べていたという思い出話も。笑
そして20代、30代を経て、今、40代の自分との付き合い方についても語っていました。

35年間の歌手生活で培ってきた美容やファッションにまつわるテクニックを綴ったエッセイ。ぜひ、手にとってみてはいかがでしょうか?

【徳永さんの今週の選曲】
東京は夜の七時 / ピチカート・ファイヴ

#170

宇多田ヒカルの言葉/宇多田ヒカル

2018.6.25~7.1 放送

第170回のベストセラーを読んでみた。
今回のベストセラーは宇多田ヒカルさんの『宇多田ヒカルの言葉』
全75編の日本語詞を執筆順に掲載した歌詞集です。

新入社員時代、ミュージックステーションで『First Love』を歌う宇多田ヒカルさんを見学しに行ったことがあるという徳永さん。
目の前で歌う姿を見て、その時からずっと心惹かれているといいます。

ベストセラーを読んだ感想は…
『14歳の時の歌詞を見て、いかに天才か再確認させられました。「真実は最高の嘘で隠して、現実は極上の夢でごまかそう」これが14歳の言葉と思えますか?宇多田ヒカルさんの天才ぶりを味わえる一冊になっています』

今年の12月9日でデビュー20周年、約12年ぶりのコンサートツアーを発表した宇多田ヒカルさんの歌詞集。ぜひ、手にとってみてはいかがでしょうか?

【徳永さんの今週の選曲】
道 / 宇多田ヒカル